劇場公開作品

劇場公開終了作品

死刑にいたる病

2022年公開

阿部サダヲ × 岡田健史 × 白石和彌監督

注目の作家・櫛木理宇の最高傑作を映画化!

鬱屈とした毎日を送る大学生の雅也のもとに届いた1通の手紙。

それは、世間を震撼させた稀代の連続殺人鬼・榛村からの、たった一件の冤罪の証明の依頼だった―。

 

観るものを翻弄する驚愕のサイコサスペンスが誕生!

ライダーズ・オブ・ジャスティス

2022年01月21日公開

マッツ・ミケルセン × アナス・トマス・イェンセン
北欧最強タッグが贈るリベンジ・アクション・エンターテインメント

 

最強の軍人 × 理数系スペシャリスト
予測不可能な復讐劇が幕を開ける!?

決戦は日曜日

2022年01月07日公開

オリジナル脚本に豪華キャスト集結!

『東京ウィンドオーケストラ』や『ピンカートンに会いにいく』など、コメディ映画の新時代を担う坂下雄一郎監督。5年以上の月日をかけて執筆したオリジナル脚本に惚れ込み出演を快諾した窪田正孝が主人公の議員秘書・谷村を、めんどくさい熱意で谷村を振り回す、政界に無知な二世候補・川島有美役には本格コメディ映画初挑戦となる宮沢りえ。さらに有美を支えるクセモノ揃いの秘書軍団には、今もっとも勢いのある若手俳優・赤楚衛二や内田慈、小市慢太郎、音尾琢真など人気・実力を誇る役者陣が集結した。

ダーク・アンド・ウィケッド

2021年11月26日公開

父の最期を看取るため帰郷した姉弟
彼らは母の突然の死をきっかけに漆黒に絡め取られてゆく――

血も凍るような恐怖と深い絶望が待ち受ける戦慄のホラー

皮膚を売った男

2021年11月12日公開

第77回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門男優賞受賞

第26回リュミエール賞合作賞受賞

第33回東京国際映画祭正式出品

第93回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート

 

自身がアート作品になった男が辿る「数奇な運命」

第77回ヴェネツィア国際映画祭のオリゾンティ部門でプレミア上映が行われ、主演のヤヤ・マヘイニが男優賞を受賞。他にも第26回リュミエール賞合作賞の受賞や第31回ストックホルム国際映画祭脚本賞の受賞など、『皮膚を売った男』は今、賞レースを席巻している話題作だ。日本でも東京国際映画祭で上映されるや「大傑作」「監督は天才か?」「最大級の驚き」「予想もつかない結末」と評判を呼び、多くの劇場公開を望む声が挙がった。 本作の演技が高く評価されたヤヤ・マヘイニが出演する他、『007 スペクター』『オン・ザ・ミルキー・ロード』のモニカ・ベルッチ、『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』のケーン・デ・ボーウなど、豪華キャストが脇を固める。監督を務めるのは、過去にも「Beauty and the Dogs」(17)でカンヌ国際映画祭「ある視点」音響賞を受賞し、アカデミー国際長編映画賞のチュニジア代表に選ばれたことがある実力派、カウテール・ベン・ハニア。

 

キャッシュトラック

2021年10月08日公開

全米初登場No.1(2021/5/7~5/13 BOX OFFICE MOJO調べ)

ゴールデン・コンビが16年ぶりにタッグを組んだクライム・アクション

ジェイソン・ステイサム主演最新作

『ワイルド・スピード』シリーズなどへの出演で今やハリウッドを代表するアクションスターとなったジェイソン・ステイサム。彼が今回挑んだのは目的のために手段を選ばない謎多きキャラクター。監督は、ステイサムのデビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』以来、共に作品を制作してきた盟友ガイ・リッチー。『アラジン』などハリウッド大作を経て16年ぶりにゴールデン・コンビを復活させた。ステイサムの魅力が存分に生かされたアクションと、謎の男の目的と大金強奪計画が絡み合うリッチー監督ならではの構成の妙、さらにホルト・マッキャラニー、ジェフリー・ドノヴァン、スコット・イーストウッドなど主演級俳優たちが豪華に脇を固め、新たなクライム・アクションの傑作が誕生した。

TOVE /トーベ

2021年10月01日公開

第93回アカデミー賞国際長編映画賞フィンランド代表に選出!

世界中で愛される“ムーミン”を生み出したアーティスト、トーベ・ヤンソン。
彼女は、いかに自由を愛し生きたのか―。

クリスマス・ウォーズ

2021年10月01日公開

クリスマスと子供の笑顔を守り抜け!

サンタクロースが死闘を繰り広げるアクション・エンターテインメント

アナザーラウンド

2021年09月03日公開

アカデミー賞国際長編映画賞受賞!!

北欧の至宝マッツ・ミケルセンがカンヌ国際映画祭男優賞に輝き、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『偽りなき者』(2013)のトマス・ヴィンターベア監督との待望の再タッグが実現した。

また、同作で共演した、トマス・ボー・ラーセン、ラース・ランゼ、マグナス・ミランも再登板、さらに同作のトビアス・リンホルムと監督が共同脚本を務めるなど盤石の布陣が敷かれており、否が応でも期待が高まる。

 

そして本作は、2020年第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選出され、先日のゴールデングローブ賞外国語映画賞でもノミネートされたほか、ヨーロッパ映画賞作品賞ほか4冠、サンセバスチャン映画祭やロンドン映画祭など世界中で数多の映画賞を総なめにしている。

Summer of 85

2021年08月20日公開

フランソワ・オゾン最新作

16歳と18歳の少年の人生を変えた運命の出会いと永遠の別れ
恋する喜びと痛みを描いたひと夏の初恋物語

SEOBOK/ソボク

2021年07月16日公開

死を⽬の前にした元情報局員・ギホンを演じるのは、『新感染ファイナ
ル・エクスプレス』『82年⽣まれ、キム・ジヨン』など出演作を必ずヒット
に導く韓国映画界のトップスター、コン・ユ。死ぬことのない永遠という
時間の中に閉じ込められた⼈類初のクローン・ソボク役には⻘春ス
ターとして圧倒的な⼈気を誇るパク・ボゴム。監督は『建築学概論』の
イ・ヨンジュがつとめ、本国では今年最⼤の話題作として注⽬を浴び、
初登場NO.1を記録︕

“死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男。対極の定めを⽣
きる2⼈が、互いのために宿命に抗い、⾏き着くクライマックスに涙が
⽌まらない―。

少年の君

2021年07月16日公開

第93回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート

ただ明日を信じて生きる孤独な少女と、今日を生き抜く事で精一杯の不良少年。
孤独な魂が惹かれあった先にあるのは、美しい奇跡か、残酷な現実か。

アジアの天使

2021年07月02日公開

池松壮亮(主演)  チェ・ヒソ(『金子文子と朴烈』) オダギリジョー 競演!!

95%以上のスタッフ・キャストが韓国チーム、オール韓国ロケで挑んだ最新作

 

石井裕也・池松壮亮 韓国初進出!

『舟を編む』で日本アカデミー賞監督賞を最年少で受賞し、その後も『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』と日本では既に若き映画作家として名を馳せており、2019年のアジア・フィルム・アワードではチェン・カイコーら錚々たる監督陣の中で見事、アジア最優秀監督賞を受賞した石井裕也監督が韓国映画のスタッフ・キャストと共に、韓国の地で共闘した『アジアの天使』がついに2021年全国公開!!

キャストには石井監督と数々の作品でタッグを組んできた池松壮亮が主演で参加、ふたりは韓国初進出となる。そして池松の兄役には韓国でも絶大なる人気を誇るオダギリジョー。日本映画を牽引する、ふたりの本格的な競演は本作が初となる。