HOMEMOVIE

MOVIE >劇場公開作品

劇場公開終了作品

チア・アップ!

2020年04月10日公開

人生で最高の“今”を生きるためのヒントが詰まった、

笑いと涙の感動ハートフルストーリー!!

積年の夢であったチアリーディングに挑戦するチャーミングなヒロイン、マーサを演じるのは、アカデミー賞をはじめ数々の賞に輝く名女優であり、ファッション・アイコンとしても世界中から支持されるダイアン・キートン。その他、ジャッキー・ウィーヴァー、パム・グリアなど豪華女優陣が夢の競演!

最高の仲間と共に夢に向かってチャレンジする姿が、観る者の心を熱くし、夢、希望、そして元気を与えてくれる!

 



ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

2020年02月28日公開

 

その絵は、誰が描き、どこからきて、なぜ署名がないのか。
胸を打つエモーショナルなラストに心震える感動作


過去監督作5作中4作がアカデミー賞®外国語映画賞フィンランド代表に選出され、 “フィンランドを代表する監督”と称され名高いクラウス・ハロ監督の最新作。アカデミー賞®ショートリスト選出、ゴールデングローブ賞外国語映画賞にもノミネートされた前作『こころに剣士を』脚本家と再タッグした本作は、トロント国際映画祭へ正式出品、その後、世界各地の映画祭で上映され喝采万来。ハロ監督はフィンランドの国立美術館であり“芸術の拠点”と呼ばれるアテネウム美術館や現地ギャラリーの全面協力のもと、街とともに歳を重ねたオラヴィの人生を愛でるかのように、ひとりのプロフェッショナルの生きざまを、丁寧に、エモーショナルに描き出した。



スケアリーストーリーズ 怖い本

2020年02月28日公開

アカデミー賞®監督 ギレルモ・デル・トロの原点

全米の子供たちにトラウマをあたえ

図書館に置くことを禁止されたベストセラー“怖い本”の映画化

 

『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞®作品賞を受賞したギレルモ・デル・トロ待望の新作は、彼が10代の頃多大な影響を受けた「スケアリーストーリーズ 怖い本」シリーズを原作としたホラー映画。1981年に発表されたこの本は全米で700万部以上の大ベストセラーとなる一方、子供には過激すぎるとして図書館に置くことを禁止する論争が起きた。監督を務めるのは『トロール・ハンター』『ジェーン・ドウの解剖』の新星アンドレ・ウーヴレダル。以前からウーヴレダルを絶賛していたデル・トロ自ら、今作を任せられる監督は彼しかいないとアプローチした。そして、最もこだわったモンスター造形には『シェイプ・オブ・ウォーター』で半魚人を担当したマイク・ヒルほか業界トップの特殊造形チームがデル・トロの元に集まった。主役となる子供たちには、ゾーイ・コレッティ、マイケル・ガーザほか今後の映画界を牽引する新しい才能が揃った。

 



スウィング・キッズ

2020年02月21日公開

ビートルズやデヴィッド・ボウイの楽曲が華やかに彩る!
感動!興奮!熱狂!激動の戦時下、タップダンスに情熱を注いだ “スウィング・キッズ” の夢と希望をかけた挑戦が今、幕を開ける!



無垢なる証人

2020年01月24日公開

★第55回百想芸術大賞:映画部門大賞受賞(チョン・ウソン)
★第39回黄金撮影賞:演技大賞(チョン・ウソン)・最優秀女優賞(キム・ヒャンギ)・監督賞受賞

韓国動員230万人突破の大ヒット!
チョン・ウソン×キム・ヒョンギ 実力派俳優が豪華競演!
無垢な瞳がとらえた真実の行方を描く、温かな余韻が広がる感動作が遂に上陸!



フィードバック

2020年01月24日公開

ラジオ局を乗っ取った2人の男。彼らの要求は――
1:何があっても放送を続けること
2:指示にはすべて従うこと
3:放送が中断したら――待ち受けるのは死



ラスト・バレット

2020年01月24日公開

『レオン』から25年。最後の暗殺依頼ミッション。



コンプリシティ/優しい共犯

2020年01月17日公開

世界の映画祭を席捲した、圧巻の長編デビュー作

監督は短編映画『SIGNATURE』が第70回ロカルノ国際映画祭ほかで高い評価を受け、米アカデミー賞公認映画祭であるエンカウンター短編&アニメーション映画祭でグランプリを受賞した近浦啓。本作『コンプリシティ/優しい共犯』は北米最大の映画祭・トロント国際映画祭でワールド・プレミア上映され、続いて釜山、ベルリンと世界の名だたる映画祭へ入選し正式出品、そして厳しい目を持つ映画ファンが集まる東京フィルメックスで観客賞を受賞するという、途轍もない長編デビューとなった。

主演は、第55回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞受賞の『孔雀 ―我が家の風景―』でデビューした中国人俳優ルー・ユーライ。常にどこか寂しさを感じさせる瞳と危うげな存在感で、どこにいても自分の存在を確立できない主人公の青年チェン・リャンの哀しみを観客に訴えかける。そしてチェン・リャンの、時に厳しい上司であり時に優しい父のような存在である厳格な蕎麦屋の主人・弘を、日本を代表する名優・藤竜也が見事に演じている。

 



ラスト・パニッシャー

2020年01月17日公開

ニコラス・ケイジ主演最新作
19年の服役を終え、男は戻ってきた
愛する者の命を奪った悪党をこの手で裁くために――



巨蟲列島

2020年01月10日公開

私立鳳翔高等学園の生徒たちを乗せた旅客機が謎の事故によって墜落し、織部睦美たちはとある島へと流れ着く。
浜辺で目を覚ました睦美たちは他の生存者と合流して救助を待つことにするも、その島は巨大な昆虫に支配された島だった……。

「マンガクロス」にて月間110万PVを超える話題作『巨蟲列島』が、満を持して2020年劇場アニメ化!

OVAから引き続き『狼と香辛料』や『まおゆう魔王勇者』の高橋丈夫総監督と『ひなこのーと』や『六花の勇者』のパッショーネが手を組み巨大昆虫を相手にサバイバルパニックホラーを仕掛ける!

 



エクストリーム・ジョブ

2020年01月03日公開

韓国動員1600万人突破!
韓国歴代興収ランキング第1位!!!!

“揚げる大捜査線”が開店! 昼はフライドチキン屋、夜は麻薬捜査班!



デビルズ・ソナタ

2020年01月03日公開

名優ルトガー・ハウアーが遺した最上の恐怖体験
楽譜に隠された血塗られた秘密とは――
戦慄のミステリアス・ホラー



エスケイプ・ゲーム

2020年01月03日公開



スパロークリーク 野良犬たちの長い夜

2020年01月03日公開

新世代の『レザボア・ドッグス』と評された傑作!



トラップ 劇場版

2019年12月04日公開

家族を愛する国民的キャスターに仕掛けられた非情な罠<トラップ>!
圧倒的サスペンスが支配する最上級のミステリーの劇場版!

 

映画館シネマート新宿、シネマート心斎橋の番組編成担当が贈る特集上映「のむコレ3」にて上映決定!

■シネマート新宿(東京)上映スケジュール
12月4日(水) /12月14日(土)/12月16日(月)/12月19日(木) /12月27日(金)

■シネマート心斎橋(大阪)上映スケジュール
12月4日(水) /12月8日(日) /12月12日(木)



ビッグ・ショット

2019年11月19日公開

悪事の限りを尽くす権力者に正義の鉄拳を喰らわせろ!
本国記録的大ヒットの痛快ポリス・アクション!

 

映画館シネマート新宿、シネマート心斎橋の番組編成担当が贈る特集上映「のむコレ3」にて上映決定!

■シネマート新宿(東京)上映スケジュール
2020年1月17日(金) ~1月23日(木)/1月25日(土)/1月29日(水)/1月30日(木)

■シネマート心斎橋(大阪)上映スケジュール
11月19日(火)/12月20日(金)/12月25日(水)/12月26日(木)/12月28日(土)/2020年1月14日(火)/1月15日(水)



エンド・オブ・ステイツ

2019年11月15日公開

大ヒットシリーズ最高傑作!
米・映画レビューサイトRotten Tomatoes AUDIENCE SCORE 驚異の95%!


ホワイトハウス陥落、ロンドン同時多発テロ事件、世界を未曾有の危機から救ってきた男マイク・バニングの『エンド・オブ〜』シリーズ。『ジオストーム』『ハンターキラー 潜航せよ』など、今やハリウッド屈指のアクションスターとなった俳優ジェラルド・バトラーを代表するシリーズとして、ついに3作目を迎えた本作。大量のドローン爆弾に襲われる圧巻の戦闘シーンからノンストップで展開される怒涛のアクション、そしてまさかのバニング自身が容疑者として追われ、世界大戦の危機が迫るという衝撃の展開に、ファンからは「シリーズ最高傑作」との呼び声も高く、公開されるやいなや全米初登場NO,1の大ヒットを記録した。

 



ワイン・コーリング

2019年11月01日公開

ワインも人生も〝 ナチュラル ″に楽しもう!
南フランス、ルーション地方。自然派ワインのパイオニアともいわれるジャン・フランソワ・ニックの元には、同じく自然派のワイン造りに取り組む者たちが集まってくる。彼らは常に情報交換をし、必要な器具を貸し合い、収穫に人手が足りなければ助け合い、ワイン造りを行っている。早朝から汗を流して働き、家族とともに食事をとり、夜は仲間たちと楽しくワインを飲む。自然と向き合うことは苦難の連続だが、「必要以上にお金を稼ぐ必要はない」「納得できるワインを届けたい」と彼らはそんな苦労をものともせず、ナチュラルに、大いにワイン造りと人生を楽しんで生きている。
生産性を追い求めることなく、どんなに手間がかかろうとも、体と地球に優しいワインを作り続ける彼らの姿は、忙しく働く私たちに人生で大切なものは何かを問いかける。


フランスのワイン界に革命を起こす!

注目の自然派ワインの生産者たちの真摯なワイン造りと
愛すべきライフスタイルを追ったドキュメンタリー
近年、日本でも若者を中心に人気が高まっている自然派ワイン。有機栽培で育てたブドウで、添加物を使わずに作られるこのワインの生産者は、フランスでは全体3 %ほど。農薬や科学肥料を使わないということは、畑の管理に膨大な時間と手間がかかるということ。そして添加物を使用しないということは、発酵のトラブルがおきる危険性が高まるということ。そんなリスクを冒しても、生産に取り組む人がいる自然派ワインの魅力を、自然体で人生を楽しむ南フランスのワイン生産者たちの愛すべきライフスタイルとともに追いかけたドキュメンタリー。

 

イベント「映画で旅する自然派ワイン」にて公開

 


登場する生産者たち

ジャン・フランソワ・ニック - フラール・ルージュ
 ローランス・マニャ・クリエフ - ドメーヌ・ヨヨ
 オリヴィエ・クロ&シルヴァン・レスポー
   - ラ・カーヴ・アピコル
 ステファン・モラン -ドメーヌ・レオニヌ
 ジャン・セバスチャン・ジョアン - ドメーヌ・ポトロン・ミネ
 ミカエル・ジョルジェ - ル・トン・ルトルヴェ
 ルイック・ルール - メーヌ・デュ・ポッシブル