HOMEMOVIE

MOVIE >劇場公開作品

劇場公開終了作品

エクストリーム・ジョブ

2020年01月03日公開

韓国動員1600万人突破!
韓国歴代興収ランキング第1位!!!!

“揚げる大捜査線”が開店! 昼はフライドチキン屋、夜は麻薬捜査班!



エンド・オブ・ステイツ

2019年11月15日公開

大ヒットシリーズ最高傑作!
米・映画レビューサイトRotten Tomatoes AUDIENCE SCORE 驚異の95%!


ホワイトハウス陥落、ロンドン同時多発テロ事件、世界を未曾有の危機から救ってきた男マイク・バニングの『エンド・オブ〜』シリーズ。『ジオストーム』『ハンターキラー 潜航せよ』など、今やハリウッド屈指のアクションスターとなった俳優ジェラルド・バトラーを代表するシリーズとして、ついに3作目を迎えた本作。大量のドローン爆弾に襲われる圧巻の戦闘シーンからノンストップで展開される怒涛のアクション、そしてまさかのバニング自身が容疑者として追われ、世界大戦の危機が迫るという衝撃の展開に、ファンからは「シリーズ最高傑作」との呼び声も高く、公開されるやいなや全米初登場NO,1の大ヒットを記録した。

 



ワイン・コーリング

2019年11月01日公開

ワインも人生も〝 ナチュラル ″に楽しもう!
南フランス、ルーション地方。自然派ワインのパイオニアともいわれるジャン・フランソワ・ニックの元には、同じく自然派のワイン造りに取り組む者たちが集まってくる。彼らは常に情報交換をし、必要な器具を貸し合い、収穫に人手が足りなければ助け合い、ワイン造りを行っている。早朝から汗を流して働き、家族とともに食事をとり、夜は仲間たちと楽しくワインを飲む。自然と向き合うことは苦難の連続だが、「必要以上にお金を稼ぐ必要はない」「納得できるワインを届けたい」と彼らはそんな苦労をものともせず、ナチュラルに、大いにワイン造りと人生を楽しんで生きている。
生産性を追い求めることなく、どんなに手間がかかろうとも、体と地球に優しいワインを作り続ける彼らの姿は、忙しく働く私たちに人生で大切なものは何かを問いかける。


フランスのワイン界に革命を起こす!

注目の自然派ワインの生産者たちの真摯なワイン造りと
愛すべきライフスタイルを追ったドキュメンタリー
近年、日本でも若者を中心に人気が高まっている自然派ワイン。有機栽培で育てたブドウで、添加物を使わずに作られるこのワインの生産者は、フランスでは全体3 %ほど。農薬や科学肥料を使わないということは、畑の管理に膨大な時間と手間がかかるということ。そして添加物を使用しないということは、発酵のトラブルがおきる危険性が高まるということ。そんなリスクを冒しても、生産に取り組む人がいる自然派ワインの魅力を、自然体で人生を楽しむ南フランスのワイン生産者たちの愛すべきライフスタイルとともに追いかけたドキュメンタリー。

 

イベント「映画で旅する自然派ワイン」にて公開

 


登場する生産者たち

ジャン・フランソワ・ニック - フラール・ルージュ
 ローランス・マニャ・クリエフ - ドメーヌ・ヨヨ
 オリヴィエ・クロ&シルヴァン・レスポー
   - ラ・カーヴ・アピコル
 ステファン・モラン -ドメーヌ・レオニヌ
 ジャン・セバスチャン・ジョアン - ドメーヌ・ポトロン・ミネ
 ミカエル・ジョルジェ - ル・トン・ルトルヴェ
 ルイック・ルール - メーヌ・デュ・ポッシブル

 



15ミニッツ・ウォー

2019年10月11日公開

人質は21人の子どもたち。
彼らを救うのは5人のスナイパー。
そして1人の女教師。



大脱出3

2019年09月27日公開

シルヴェスター・スタローン主演最新作!
デイヴ・バウティスタに続きマックス・チャンも参戦!
全世界待望のプリズン・ブレイク・アクション最新作が早くも登場!



王宮の夜鬼

2019年09月20日公開

朝鮮王朝に勃発した感染爆発!
世界を震撼させた『新感染ファイナル・エクスプレス』に続く、パニック・アクション超大作がこの秋上陸!!



荒野の誓い

2019年09月06日公開

オスカー俳優 クリスチャン・ベール主演 × 『クレイジー・ハート』 スコット・クーパー監督

新たなマスターピースの誕生

『クレイジー・ハート』で長編初監督ながら、アカデミー賞3部門にノミネートされ、2部門を受賞。そのほか数々の賞を受賞し高評価を獲得した21世紀の鬼才スコット・クーパー最新作

主演は『ザ・ファイター』でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、『バイス』では同主演男優賞にノミネートされたことも記憶に新しいクリスチャン・ベール。『ファーナス/訣別の朝』に続いてのクーパー監督とのタッグとなる本作は壮大にして深遠なアクション・ドラマに仕上がった。ヒロインには『ゴーン・ガール』でアカデミー賞にノミネートされたロザムンド・パイク、『ジェロニモ』や『アバター』などで知られるアメリカ・インディアンの名優ウェス・ステューディ、そのほか、個性派ベン・フォスター、人気上昇中の若手スター、ティモシー・シャラメほか演技派俳優たちが脇を固める。

撮影監督には『世界にひとつのプレイブック』や『スポットライト 世紀のスクープ』などの傑作でカメラマンを務めたマサノブ・タカヤナギ。ドラマも演出も演技も映像もハイレベルのクオリティ。それらが噛み合ったことで、本作は奇跡の逸品へと昇華した。

『悪党に粛清を』『ある決闘 セントヘレナの掟』に続く、ウェスタン・ノワールの第3弾。



トリプル・スレット

2019年09月06日公開

ムエタイ×シラット×カンフー究極のドリームチーム結成!
極悪非道な傭兵部隊から美女を守り抜け!



ブルー・ダイヤモンド

2019年08月30日公開

キアヌ・リーヴス史上最も危険な駆け引きが幕を開ける

主演を務めるのはキアヌ・リーヴス。『スピード』、『マトリックス』シリーズ、『ジョン・ウィック』と長きにわたりハリウッドの第一線で活躍を続ける正真正銘のアクションスターの彼が今回挑むのは、神秘的なシベリアの地で、ロシアンマフィアとの希少なブルーダイヤモンドを巡る危険な駆け引き、自らの身に危険が迫るなか燃え上がる刹那の恋、さらには流暢なロシア語を披露する姿も見逃せない。キアヌ・リーヴスの魅力を余すところなく堪能できる至高のサスペンス・アクションが誕生した。



Girl/ガール

2019年07月05日公開

“第2のグザヴィエ・ドラン” ルーカス・ドン衝撃のデビュー作

 

長編デビュー作ながらカンヌ国際映画祭に選出されカメラドール(新人監督賞)ほか3冠を受賞、アカデミー賞外国語映画賞〈ベルギー代表〉選出、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネートという快挙を成し遂げ、評論家・観客からは“ニュー・ドラン(第2のグザヴィエ・ドラン)”とも称される、今世界が最も注目する新鋭監督ルーカス・ドン。バレリーナになるために奮闘するトランスジェンダーの少女の記事に心を動かされた彼が、“必ず彼女を題材にした映画を撮る”という強い思いから誕生したのが『Girl/ガール』だ。主演のビクトール・ポルスターは、アントワープ・ロイヤル・バレエ・スクールに通う現役のトップダンサーで、“性別を超越した美しさ”と絶賛され、500人を超える候補者の中から選ばれた逸材。初の映画出演で、彼自身はシスジェンダーでありながらララの繊細な表情や思春期の心の機微を見事に表現し、バレエシーンでは圧倒的なパフォーマンスを見せている。その息をのむほどに美しいバレエシーンの振り付けはコンテンポラリーダンス界の旗手であり、日本でも森山未來とタッグを組んだ公演でも知られる天才振付師シディ・ラルビ・シェルカウイが担当している。

 



ハウス・ジャック・ビルト

2019年06月14日公開

ラース・フォン・トリアー監督 最新作

カンヌ国際映画祭公式上映では途中退出者続出! 映画史に刻まれる、賛否両論”破格の問題作”で華麗なるカムバック

 

『奇跡の海』、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』、『アンチクライスト』、『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』といった話題作を世に送り出し、輝かしい受賞歴を誇る一方、あらゆるタブーに切り込みセンセーショナルな反響を巻き起こしてきた鬼才ラース・フォン・トリアー。問題発言をしたことでカンヌ国際映画祭から追放処分を受けたトリアーは、本作をアウト・オブ・コンペティション部門に出品し7年ぶりのカンヌ復帰を果たす。ところが、公式上映では観客の想像をはるかに超えた過激な仕上がりゆえ途中退出者が続出、一方で上映終了後には、盛大なスタンディングオベーションがわき起こり、賛否まっぷたつの異様な興奮に包まれた。

アートを創作するかのように殺人に没頭していくジャックの12年間の告白は、理性と狂気が平然と共存したシリアルキラーの内なる葛藤と欲望、強迫観念からの開放と喜びを描出し、映画史にその名を刻むどの作品よりも観る者の感性を刺激してやまない唯一無二の傑作となった。米国ではあまりの過激さに米国映画協会(MPAA)の審査により一部本編がカットされたが、日本では完全ノーカット版での上映が実現した。

 

 



初恋~お父さん、チビがいなくなりました

2019年05月10日公開

「泣ける!」「こんな夫婦になれたら」と話題を呼んだ 西炯子の人気漫画を映画化!

倍賞千恵子 藤竜也 & 市川実日子 映画初共演!

 

亭主関白な夫に心から尽くしながら、自分は本当に夫から愛されているのだろうかという寂しさを長年抱えてきた妻・有喜子を演じるのは倍賞千恵子。そんな妻に対しては無口でぶっきらぼう。離婚を突き付けられずっと心に秘めていたある想いを告白する 夫・勝を演じるのは藤竜也。長年連れ添いあった夫婦を自然に、そして心はすれ違っているさまを細やかに演じ、観る者の心に深い感動を残します。母から離婚話を聞き動揺する娘・菜穂子を演じるのは、近年映画・ドラマに欠かせない存在となった市川実日子、夫婦の関係に波風を起こす女性・志津子役で故・星由里子の他に、佐藤流司、小林且弥、小市慢太郎、西田尚美、優希美青、濱田和馬、吉川友の豪華キャストが集結。監督は「毎日かあさん」「マエストロ︕」の小林聖太郎。

 

 



スウィング・キッズ

---公開

ビートルズやデヴィッド・ボウイの楽曲が華やかに彩る!
感動!興奮!熱狂!激動の戦時下、タップダンスに情熱を注いだ “スウィング・キッズ” の夢と希望をかけた挑戦が今、幕を開ける!

2020年1月シネマート新宿ほか全国ロードショー