HOMEMOVIE>キリング・グラウンド

MOVIE > キリング・グラウンド 

KILLING_GROUND

キリング・グラウンド - 未体験ゾーンの映画たち2018

殺意が銃を握らせるのか、銃が殺意を呼び覚ますのか

キャンプにやってきた四人の家族と一組のカップル。その時から既に「狩り」は始まっていた。

後味最悪?!最凶の<胸糞系>ヴァイオレンス・スリラー!!

途切れることのない緊張と、容赦ない暴力、そして絶妙に胸糞が悪くなるようなストーリーテリング。サンダンスで上映されると、そのショッキングな内容が大きな議論と評判を読んだ本作。田舎の森で何者かに襲われる。そんな導入の映画が腐るほど作られてきた中にあって、オーストラリア版『ヒルズ・ハブ・アイズ』とも、屋外版の『ファニーゲーム』とも評され、「この作品をみたら二度とキャンプに行けなくなる」「本物の地獄が味わえる」「とびきり残酷で、それなのに優雅だ」と様々な言葉で賛辞を贈られた。

STORY

静かな田舎へキャンプにやってきたサムとイアンのカップル。結婚の約束も交わし順風満帆、幸せな休暇になるはずだった。しかしふと気づくと隣のテントの様子がおかしい。荷物はそのままに人影は見当たらず、夜が明けても誰も戻ってくる気配すらないのだ。不審に思った二人が森を散策すると、信じられないことに赤ん坊が倒れているのを発見する。衰弱しているもののまだ息はある。「助けを呼ばなければ」そう思った二人の前に地元のハンターが現れる。親切にも赤ん坊の家族探しを手伝ってくれるというのだが、ほどなくして二人は想像もしなかった驚愕の事実を知ることになる。それは死ぬよりも辛い、悪夢のような一日の幕開けだった。

KG1 KG2

MOVIE INFORMATION

【キャスト】
アーロン・ペダーセン、イアン・メドウズ『スケア・キャンペーン』、ハリエット・ダイア、ミッツィ・ルールマン『シークレット・オブ・ハロウィン』
【スタッフ】
監督・脚本:ダミアン・パワー/撮影:サイモン・チャップマン『ラブド・ワンズ』/編集:ケイティ・フラックスマン


■原題:KILLING GROUND ■製作国:オーストラリア
■製作年:2016 ■ジャンル(ジャンルの区分) :サスペンス・スリラー
■配給会社:クロックワークス ■コピーライト:© HYPERGIANT FILMS Pty Ltd 2016
■画角:--- ■カラー:---
■音声:--- ■字幕:---
■映画公開日:2018年01月09日 ■上映劇場:ヒューマントラストシネマ渋谷"未体験ゾーンの映画たち2018"ほか
■上映時間:89分 ■レーティング:---