HOMEMOVIE>ハングリー・ハーツ

MOVIE > ハングリー・ハーツ 

5545

ハングリー・ハーツ - ワールド・エクストリーム・シネマ2016

―それは愛か、狂気か。

ヴェネツィア国際映画祭主演男優書&女優賞W受賞の快挙!

観る者の価値観を根底から揺さぶる、衝撃のパラノイド・サスペンス!

公式Twitterアカウントはこちら

STORY

ニューヨークで運命的に出会い、恋に落ちたジュードとミナ。やがて結婚し、2人の間には可愛い男の子が産まれる。それは幸せな人生の輝かしい始まり――のはずだった。しかし息子の誕生後、独自の育て方にこだわり神経質になってゆくミナは、息子が口にするもの、触れるものに対して次第に敵意と恐怖心を露わにし始める。やがてその攻撃の矛先は、医者や友人そしてジュードの母親、更にはジュード本人にまで向けられてゆくが、彼はそんな妻の異常とも取れる頑なな愛情を、何とか理解し、支えようとする。しかしその結果、息子の体が徐々に変調をきたし始めたことで、ジュードは遂にある決断を迫られる。果たして、その答えの先に、彼らを待ち受けるものとは―。

SUB02 SUB05

MOVIE INFORMATION

【キャスト】
アダム・ドライヴァー『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、アルバ・ロルヴァルケル『パレス・ダウン』、ロバータ・マクスウェル『ポストマン』
【スタッフ】
監督・脚本:サヴェリオ・コスタンツォ/撮影:ファビオ・チャンケッティ『神聖ローマ、運命の日~オスマン帝国の進撃~』/編集:フランチェスカ・カルヴェリ『ノー・マンズ・ランド』/音楽:ニコラ・ピオヴァーニ『ライフ・イズ・ビューティフル』


■原題:HUNGRY HEARTS ■製作国:イタリア
■製作年:2014 ■ジャンル(ジャンルの区分) :サスペンス
■配給会社:クロックワークス ■コピーライト:© Wildside 2014
■画角:ビスタ ■カラー:カラー
■音声:英語 ■字幕:字幕翻訳:浅野倫子
■映画公開日:2016年10月15日 ■上映劇場:ヒューマントラストシネマ渋谷
■上映時間:109分 ■レーティング:---